北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

【海外邦人事件簿 Vol 4 麻薬編】

麻薬 それは悪魔のささやき


海外邦人事件簿Vol3 麻薬編よりの続編。


連日マスコミを賑わす、麻薬事件。


海外で、麻薬事件に巻き込まれたら、どうなるのか!

旅行者だからと言って、「すみません」で済むんだろうか?

謝れば、簡単に許してもらえるでしょうか?

麻薬を返せば、日本に返してくれるのでしょうか?


どうなのでしょうか。。。。。。





海外での麻薬犯罪について、「日本より軽い刑罰ではないのか」又「そもそも麻薬は合法

ではないか」といった認識を持っている日本人がいるようですが、海外でも麻薬犯罪には

重い刑罰が科されます


drug

   ケース 1
 
  北米に留学中の男性3人。交通違反で警察に車を止められ

た際に、麻薬所持が発覚し逮捕。未決拘禁中であるが、

高額の罰金及び禁固刑が科される可能性がある。



 ケース 2
 
 カリブに旅行した女性。マリファナ所持及び国外持出しの容疑で逮捕。裁判の結果、禁固8

か月及び罰金35万円が科せられた。(罰金を支払わない場合は、禁固12か月に延長。)

刑期終了後日本へ強制送還の予定。



drung1

ケース 3

アジアA国に旅行した邦人数人が見ず知らずの人物よりカバン

を預かり、帰国途次乗換えのためB国に立ち寄った際、カバン

から大麻が発見され、麻薬所持の容疑で逮捕。裁判の結果、

懲役4年?8年の禁固刑が科された。


2004年の統計によれば、海外では48人(未決拘禁者を合わせると82人)の日本人が

麻薬関係の罪で刑に服しています。さらに禁固5年以上の重い刑罰を科されている人が

36人も存在し、終身刑の人もいます。昨年は、アジアのある国で、死刑判決が下されました。

 これら被拘禁者の中には、「いつでも止められる」と思いつつ、麻薬にはまった人、

軽い気持ちで引き受けたために「麻薬の運び屋」にされた人が多数含まれています。

 麻薬犯罪に限らず、ちょっとした心のゆるみが取返しのつかない結果を招くことを

十分認識し海外では節度を持って行動して下さい。


                      
                  (Source: 外務省海外安全ホームページ2005年6月6日掲載)


関連記事
[ 2011/10/26 10:39 ] 海外邦人事件簿 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー