北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

社会人の本気 英語が通勉人気No 1

「社会人の本気学習」について、ビジネスパーソン男女に意識調査

全体の36.1%が、現在目的を持って、本気で学習しているという結果が出ました。
女性(38.8%)、20代(40.1%)で高い数値が見られます。

さらに、「通勤の移動時間」に勉強する「通勉(ツウベン)」を行っているという人が50.6%となっています。

勉強科目は、英語が断トツで45.4%。目的をみますと52.5%がキャリアップ、収入を増やしたいからが28.2%。実際の、ビジネス・シーンで英語がいかに必要性とされているか、また英語が話せることにより収入も増える(可能性が高い)と高い数字となっています。

社会人の立場から、日常のビジネス体験を通しての本気学習度は、自身のキャリアを考える大学生・高校生にとって、将来に備えて「何を勉強しておいたほうがいいのか?」という質問に対しての
有効な答えとなるでしょう。



この調査は、

ネットマーケティングを行うアイシェアと(株)コクヨが共同で、

「社会人の本気学習」について、ビジネスパーソン男女787名に昨年意識調査を実施しました。

アンケートは以下の3つの質問に答えてもらう形式で行われました。

1.学習に効果的と思うすきま、ながら時間は?
2.なぜ、その勉強をしているのか?
3.このなかで、今後最も勉強したいものは、なんですか?

いつ、どこで勉強して、どのくらいの時間を使っているのか知るのに、興味深い調査といえます。





ko

コクヨc


詳しいリサーチ結果はいかの アイシェアのHPへのリンクから

3人に1人は現在、本気で学習中。効果的なのは「通勉(つうべん)」

関連記事
[ 2011/05/30 13:43 ] Business Intelligence Unit | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー