北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

ビジネス・パーソンの英語 1

「社会人の本気 英語が通勉人気No1

社会人(=ビジネスパーソン)にとって、学びたい言語として、資格としてNo1にランクされたのは、ごく自然な結果といえます。


ビジネスパーソンが、英語をマスターしたいとのきっかけは様々ですが、多くは直接的な経験から来ています。

その際に 「英語が話せたら」「英語を勉強しとけばよかったな]といった、仕事上、そのようなシーンでの苦い経験したことによるようです。


この点は 知人のビジネス・パーソンも例外なく経験しています。

其の痛さが、「英語を話せるようになりたい」という気持ちを強くしています。

具体的に、どんな理由でビジネスパーソンは英語の必要性をかんじたのでしょう。。。



ビジネスマンが、英語の必要性を痛感した時、する時


●海外部門に行きたい。
●海外のクライアントが来訪するようになった。
●海外出張をすることになった。
●仕事上、英語の情報が多くなった。
●海外支店とのコンタクトが多い。
●海外クライアントが日本進出してきて英語でのコンタクトが必要になった
●会社内で英語での会議が行われようになった。

●英語資格を取得すると資格給をもらえる
●外資系への転職を考えている
●転職に有利
●キャリア・アップの為、ビジネススクールへの留学したい
●新しいキャリアを見つける為




それぞれのきっかけを見てみると、現在の仕事で、さらなるベターな結果を出したいというポジティブな気持ちがインセンティブとなっています。


日本においても外資系(会社)という言葉が当たり前になり、日本の会社ではなく厳しいが其の分結果次第で所得の高くなるという、これまでの日本の雇用制度が大きく変化してきたことが背景にあるようです。


また 外資系企業に日系企業が買収されて社内会議でも、英語が使われるようになり、社内での昇進などのキャリア・アップには、英語が絶対的に必要になっってしまったケースもあります。




さらに「グローバル化」ということが、日本の会社が生き残っていく為には、当たり前のことになってしまったこと。


多くの会社は、この数年



1.昇進試験において英語資格試験、たとえばTOEICなど、で一定のスコア(500点とか600点とか)を取っていることが条件となったり、

2.入社試験において、TOEICの一定のスコアが必要とは言わないまでも、<望ましいと>している。<望ましい>=必要条件と考えて差し支えないでしょう。

つまりは、就職において、英語能力は確実に有利な条件といえます。



ITが進歩し、ネットの世界でも英語が主流となりビジネス・パーソンにとっては、英語は必須スキルとなりました。



関連記事
[ 2011/02/09 11:17 ] Business Intelligence Unit | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー