北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

【 差の出る教授法 CELTA資格 】

CELTA(英語教授資格)は ケンブリッジ大学の、University of Cambridge ESOL Examinationの提供する英語教授資格のひとつです。12種類の資格の一つで、ケンブリッジ大学のUniversity of Cambridge Local Examinations Syndicate (UCLES)、ケンブリッジ大学ローカル試験シンジケート、より認定を受け資格証明書を授与されます。

celta student
CELTA

Certificate in English Language Teaching to Adults の頭文字をとったものです。

国際的に認可された英語教授資格でその質の高さには定評があり、英語教育の世界での高い知名度を誇ります。



 

英語教授法の資格をもつ教師から習うか習わないかで、英語の上達度は大きく違います

資格を持つ教師から習うことの大きなメリット

最終的に、時間も,かかるお金(投資金額)も大きな節約となるという事になります


英語を教える資格について、Yahoo知恵袋に簡単な説明がありますので、引用させていただきます。
ご参考まで。

Q: 英語を教える資格で
・TEFL
・TESL
・TESOL
・CELTA

の4つの違いが分かりません. どう違って、どういう価値があるのですか?
また取得がいちばん難しいのはどれですか? ご存知の方、教えてください。

ベスト・アンサー

 いずれも英語を母国語としない人に英語を教えるための資格ですね。この中で
 で一番難しいのはCELTAですね。

 TEFL/TESL/TESOLは呼び名としてはいずれも同等に扱われていますが、
 総称してTESOL(Teaching English to Speakers of Other Language)と言います。TESOLにはTEFL とTESLがあります。

 TESL(Teaching English as a Second Language):
 母国語ではないが英語が第二外国語として一般的に使われている国にて英語を教える(例:香港、 シンガポールなど)

 TEFL(Teaching English as a Foreign Language):
 母国語ではなく、英語が一般的に使われていない国にて英語を教える(例:日本、中国など)



 


CELTA(Certificate in English Language Teaching to Adults)

国際的に認可された英語教授資格です。ケンブリッジ大学の一部門であるケンブリッジESOLが授与している資格としてその質の高さには定評があり、英語教育の世界での高い知名度を誇ります。




資格教師は、効果的な教授方法の指導、成人学習者(16歳以上)に英語を教えるための実用的なスキルの習得、実践的な教育実習などを通し、英語教授のスキルを習得した教師です


ロンドンに近いグリニッジにある、Maritime Museum(海洋博物館)の2階にある、

英国の歴史と貿易コーナーに、面白い説明文があります。


英国の最大の輸出品は英語(English) との説明があります。


これは、大英帝国時代に、植民地化政策で世界各地へ進出し、その際の現地化政策で一番苦労したのが現地の人々とのコミュニケーションでした。

現地の言葉を覚えようとしましたが、なかなか覚えられません。


そのため、<現地人に英語を覚えてもらったほうが早い>との事で、女王から当時のすべての大学に

 「外国語としての英語をできるだけ早く習得できる教授法を早急に開発せよ」 

との命令が下されました。

世界トップ水準の英語教授法の始まりです。




その後、オックスフォード・ケンブリッジを始め多くの大学が競って、将に国を挙げて英語教授法の開発にしのぎをけづったのです。


現在も脈々とその流れは続き、


世界の最高水準、最先端を行くイギリスの英語教授法による

Teacgher's Course を受けに世界中から英語教師・志望者が集まってきます。




ご存知の様に、結果として世界各地で方言やアクセントが違っても、アメリカ、カナダ、シンガポール、インド、ニュージーランドはじめ、The Common Wealthのメンバー国では英語が公用語(のひとつ)となっています。


このような歴史的な背景があり、

イギリスには英語を学ぶ為、世界中から学生が、ビジネスマンが、集まってきます。

また、

ユーロの導入の議論が始まった15年ほど前から、ヨーロッパ各国において英語教育への重点投資が始まりました。その為、補助金制度も導入され、英語教授教育も大きく取り上げられました。その為、多くの英語教師、あるいは英語教師志望者がイギリスへ集まるようになりました。

さらにはアジア・南米から最新の英語教授法を学ぶ為に多くの英語の先生あるいは、英語教師志望の学生が集まってきています。




以上の理由からいえることは、


英語を習うにはCELTAなどの英語教授資格を持った教師から習うことで、着実に確実に、英語レベルを、効率的に引き上げることができると言われています。

習う方からしてみると

しいては、時間とお金の節約になります



------関連 Link-------


矢印 青矢印 青    University of Cambridge ESOL Examinations

矢印 青矢印 青    University of Cambridge Exam (各種) 

矢印 青矢印 青    CELTA Wikipedia



関連記事
[ 2012/06/07 09:51 ] Teacher's Training Course | TB(1) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://withjetstream.blog66.fc2.com/tb.php/451-47710421

管理人の承認後に表示されます
[2012/06/09 08:14]
Skype レッスン
AMEカテゴリー