北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

語学コースについて Vol 1  語学留学



英国語学留学についてのよくある質問について、前回お伝えしました。
その中で、英語コースについての具体的な質問を、取り上げてみたいと思います。

どんなコースがあって、費用はいくらくらいかかるのか、申し込みの手順や英語コースの質がどのように保たれているかなどについて、British Councilからの情報をお知らせします。


1. 入学資格

2. 英語が勉強できる学校

3. コースの種類

4. 留学の費用

5. 学校やコースの選び方

6. 入学手続き

  


についてみてみましょう。







1.入学資格

語学留学の場合、通常、正式な入学資格はありません。基本的にどなたでも、入学可能です。

入学初日に、みなさんの英語力に応じたクラス分けをするために、英語のテストを受けます。

Placement testと言われています。


2.英語が勉強できる学校


イングランド南部の海岸からスコットランドの北部、ウェールズや北アイルランドなど、英国中に認定を受けた学校があるので、自分のニーズに合った場所を選ぶことができます。

British Council公認校については、右のData Bankより確認できます。
現在450校程度が公認されています。

北の留学工房では、イギリスにおいては、その中からさらに、独自の調査、実際に学校訪問、校長・コース責任者との面談などより、厳選したコースをご紹介します。






英語教育を専門に行っている英語学校、専門学校、大学など、さまざまなタイプの学校の中から選ぶことができます。

公立と私立の学校には、それぞれ異なる利点があります。

公立の学校では、他の科目を学んでいる英国人の学生と交流することができます。

一方、私立学校では、通常、少人数のクラスで、ゆきとどいた指導が受けられますが、英国人の数は少なくなります。


16歳までは、夏季休暇中のコースを開講している学校で学ぶことになるでしょう。

私立の小中高校でも、このようなコースを開講していますし、ブリティッシュ・カウンシルでも英語を勉強することができます。


16歳以上であれば、次のような学校で英語を勉強することができます。










私立の英語学校

あらゆるレベルで、フルタイムとパートタイムのコースを開講しています。

短期コースと長期コースがあり、英語だけを勉強するコースがほとんどです。




私立および公立学校の語学センター

短期コースのみ開講しています。

通常、夏季コースで、スポーツやイベントなどの勉強以外の活動や、文化施設の訪問などが含まれます。




私立の小中高校やチュートリアル・カレッジ

幅広い科目を学ぶことができ、さまざまな活動に参加する際にも英語を使います。



専門学校

初級から上級レベルまで、フルタイムとパートタイムのコースがあります。

職業関連の科目や大学進学をめざすアカデミック・コースも開講していて、授業は英語を使用します。


英語と他の科目を組み合わせて学ぶコースは、English Plusと呼ばれています。




大学・カレッジ

フルタイムとパートタイムのコースがあります。

コースを受講するためには、中級レベル以上の英語力が必要です。
多くの学校では、大学進学のための英語コース(English for Academic Purposes)を中心も開講しています。








                                            
(Source: Britsh Council 英語コース )
関連記事
[ 2010/12/19 21:22 ] 英語語学留学コース | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー