北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

専門学校留学体験者談 


専門学校・カレッジには、世界中から目的を持った留学生が集まってきます。

1.イギリス大学学部コースへの進学準備
2.各種職業のインターナショナルな資格を取得
3.語学習得
4.実践的な職業の技術習得
5.キャリア・アップ
6.上級学校への資格取得     など様々です。


専門学校・カレッジへの各国の留学経験者の体験談をご紹介します。



Ying-Ge Xing 中国 (Aレベル)

私は今、A レベルの数学、上級数学、経済学と物理学に加え、AS レベルの心理学とビジネスの勉強をしています。
IELTS のスコアを上げるための勉強もしています。

うまく時間の配分を考え、スケジュールどおりに勉強することを心がけています。少人数のグループ学習があるので、とても勉強になります。各グループには7人しか学生がいないので、先生の注意がゆきとどき、授業中はいつでも質問できます。

A レベル修了後は、英国の大学で工学を勉強したいと思っています。大学卒業後は、1?2年間職業体験をしてから中国に帰り、仕事をしたいと考えています。




Kenyetta Ventour グレナダ (機械・電子工学のBTEC National Diploma)

私は車と F1に興味があるので、英国を留学先に選びました。

私のコースでは、電子工学からスタートし、機械工学を少し勉強します。最初は理論を学ぶことが多かったのですが、部品づくりや機械の操作を勉強するワークショックもありました。

電子工学のエンジニアになりたいと思っているので、電子工学の HND コースに進むかもしれません。勉強はたいへんですが、勉強するだけの価値は十分にあります。





Chen Wu 中国 (ビジネス、経済学、社会学の大学進学準備コース)

大学進学準備コースでは、すばらしい経験ができました。私が通っていた専門学校は、地元のたくさんの大学と提携していて、プログラムも、いろいろな学位コースへの進学ができるよう、デザインされていました。

留学生に対するサポートも充実していて、留学生担当のスタッフは、いろいろな相談にのってくれます。


大学進学準備コース修了後は、英国の大学で、ビジネスの学士号コースに入学しました。その後、同じ大学で、財務と経済学の修士号を取り、現在、マンチェスターの貿易センターで、対中国貿易アシスタントとして働いています。大学進学準備コースのおかげで、英国での進学や就職ができたと思っています。






Wei Ji 中国 (調理プラス英語の HNC)

私は北京の BITTC という学校で、2年間中国料理の勉強をしてから、英国に留学しました。西洋料理を勉強したかったし、英国の資格は世界で通用すると思ったからです。


1年目は、週20時間の授業があり、午前中は調理技術を学び、午後は英語を勉強しました。
地元のホテルで、キッチン・アシスタントのアルバイトができ、学校で習ったことを実践するいい機会になりました。

講師はトップクラスで、世界でも最高レベルだと思います。今のコースを修了後は、調理とマネージメントの HND コースに進みたいと考えています。2008年の北京オリンピックまでには、西洋料理のレストランが開けるだけの知識と能力を身につけているでしょう。






Kyoungah OH 韓国 (ガーデン・デザインの Diploma) 

私は、農業の専門学校で勉強しています。私の学校は、園芸、農業、花と馬の分野で、特に優れています。

私のガーデン & ランドスケープ・デザインコースは、英国でも有名です。ガーデン・デザインと園芸の勉強があり、庭のデザイン画を描いたり、景観のデザインもします。

実践的なプログラムを希望するなら、私のコースは最高ですし、デザインや建築の才能がある人は、きっと満足できるでしょう。

韓国に帰ったら、ガーデン・デザインのオフィスを開きたいと思っています。そのとき、英国で学んだことが、大いに役立つでしょう。

(Source: British Council 留学生体験談)






関連記事
[ 2010/09/28 19:48 ] 専門学校・カレッジ | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー