北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

マンツーマン・ライブ・レッスン IELTS試験対策

ielts 2
マンツーマン・ライブ・レッスンによる

IELTS試験対策対策コース


イギリス、オーストライリア・ニュージーランドね大学。大学院入学の入学条件の一つである、英語レベルテストに採用されています。最近は、アメリカの多くの大学もTOEIC/TOFLとともに採用されています。

最近では、ワークプレースメントや移住においても、一定の英語レベルを求められるようになっていますが、そのテストにもIELTSの別のモジュールが採用されています。


北の留学工房へのお問い合わせは、こちらから




ielts 3   このコースにおいては、

   過去の問題をトレーナーと一緒に解きながら     

   

  リストのTopicを使いながら4つのスキル
  (Speaking,Reading,Listening,Writing) を伸ばします




Skype Live Ielts contents



IELTSは、以前英国および英国連邦(Common Wealth)の国々においてのみ、認められているマイナーなイメージがありました。



近年、その受験者数も、アメリカにおいてもIELTSを英語レベルテストの一つとして採用する教育機関が増加するにつれ、その重要性が日増しに増してきています。



特に、ヨーロッパの国々は、英語を学ぶといった場合、英国での英語が、ヨーロッパに近いこともあり、一段tとその重要性を増しています。



また、EU(ヨーロッパ共同体)より、ヨーロッパ圏内における、共通語として、英語を学習する生徒、英語教授法を学ぶ先生に対する補助金制度も充実させています。



 

その筆頭格に当たる制度が、Commenius Fundingです。



教育の質を認められた学校の提供するTeacher's training Courseに参加するヨーロッパからの先生には、コース代金および宿泊費が提供されます。EUの各国から、夏休み、イースター休暇などの休みを利用して、ヨーロッパ大陸の多くの英語教師が英国に、英語っ教授法コースを受けに訪れます。



制度は、グローバルな世界が生まれた事により、(ヨーロッパではユーロの導入後、特に顕著)、世界共通語としての英語能力が国の力を決める要因と考え、ただ一つの国としてでなくEUとして取り組んでいます。



 

さらにスペインのように、英国への英語留学をするいかなる生徒へも政府として補助金を提供するほど、積極的な国もあります。

イギリスは、グローバルな観点から、コミュニケーションの最先端に位置する中心となり、その重要性はさらに増してきています。

 



以上の点から、重要を増したIELTSを含めたEnglish Test対策コースを、提供することにいたしました。



さらご要望の強かったTOEIC対策コースも提供しております





1.4つの基本スキルを伸ばすマンツーマン・ライブ・レッスン

2.日本人の教師によるTOEIC対策コース 

3. 上記 1+2 のCombination Course です。



日本人教師は、海外大学卒業+海外在住経験+TOEIC試験対策のスペシャリストによる実践的な、効果の高いにコースです。



北の留学工房へのお問い合わせは、こちらから





関連記事
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー