北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

【海外邦人事件簿 Vol 29 退避勧告の意味 】

世界中には多くの紛争地域があります。

最近ではタイの混乱状況が報道されていますが、アフリカ、中東地域や東欧でも紛争が発生しています。
五大陸のどこかで起こっている状況です。

外務省では、日本人がこのような紛争に巻き込まれないように注意情報・時に退避勧告を発令しています。

「退避勧告」は、その名の通りあくまでも退避、或いは渡航の自粛をすすめるもので法的な強制力はありませんが、実際に高度な危険が存在することはもちろん、例に挙げたように、危険回避の手段が著しく制限されている地域に対し、邦人保護の最終的な手段として発出するものです。




紛争の続くA国。外務省では、現在、A国全土に対して「退避勧告」を発出している。

現地に滞在していた企業駐在員等の日本人滞在者は既に出国し、残る日本人は若干の報道関係者と大使館員のみとなっていた。

治安情勢はさらに悪化し、外務省は現地大使館の一時閉鎖を決定し、大使館員は近隣国Bの日本大使館に移動した。

 数日後、一人の日本人の若者が「A国の状況を自分の目で確かめてきたい」とB国の日本大使館にA国への入国方法を尋ねにきた。大使館員は入国を思い止まるよう促したが、若者はその説得も聞き入れず、遂に入国してしまった。



12 01

さらに、その数日後、A国の情勢はさらに混沌とし、まさに市街に砲弾が飛び交う状況。
日本人若者は自分の身に迫る危険をやっと実感した。そして自分の行動が無謀だったと悟り、出国を決意した。

しかし出国手段はすでにない。出国の支援を期待できる日本大使館員も当地にはもういない・・・・・・・




これはあくまでもフィクションですが、非常によく似たケースも過去に生じています。

 
こういう場合、外務省としての対応は非常に難しいものがあります。
海外に渡航・滞在する日本人の生命・身体を守ることが外務省の重要な任務であることは論を待たず、前述のような極めて対応が困難なケースであっても、できる限りの支援はしてきました。

 
しかしながら、退避勧告が出ていて、十分に危険が予想されるような地域に自らの意志で赴いた方がトラブルに遭遇された際、当然の如く日本大使館にサポートを期待することの是非は、本人はもちろん、それを支援する大使館員双方の生命に関わるだけに、今後大いに考える必要がありそうです。


12 02


外務省が出している「退避勧告」は、その名の通りあくまでも退避、或いは渡航の自粛をすすめるもので法的な強制力はありませんが、実際に高度な危険が存在することはもちろん、例に挙げたように、危険回避の手段が著しく制限されている地域に対し、邦人保護の最終的な手段として発出するものです。

                   (Source: 外務省海外安全ホームページ )



ちなみに 2010年3月 4月には 18件の危険情報は出されています。

危険情報 ページ MOFA

MOFA 外務省安全法ムページ

関連記事
[ 2010/04/13 21:36 ] 海外邦人事件簿 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー