北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

英語を学ぶ、その費用対効果  日本企業の英語公用語  

日本企業の英語公用語化について、金融日記にて、興味ある記事が経緯されています。



日本において英語は極めて費用対効果が高いスキル

ビジネスや専門分野の英語はけっこう簡単

世界共通語=英語は完全に確定している

グローバル企業を目指すなら英語公用語化はあたり前




英語就職の採用条件あるいは参考条件(TOEICのスコアなど)にしている会社が数多くあります。また入社後の昇進試験においても英語能力を求める会社も多くなりました。

特に英語をマスターして、どんなメリットがあるのだろうと、考える方には、

「日本において英語は極めて費用対効果が高いスキル」

 は一つの答えとなるかも知れません。




リンク → 日本企業の英語公用語化について
関連記事
[ 2011/04/21 20:41 ] Business Intelligence Unit | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー