北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

B&B in Scotland  --    関田家のロンドン駐在日記

関田家のロンドン駐在日記



blackpudding hagis

(続き)

(上記写真は Scottland 特産品の Blackpudding, Haggis)

「B&B」に宿泊する楽しみは、どんな”女将さん”に遭遇するかと共に、”女将さん”が料理してくれる、その家特有の「Breakfast 」に出会えることでもあります。

一般的には、イギリス人はあまり料理に「こだわり」がないとされ、確かに  Full English Breakfast  も大体似たり寄ったりですが、それでもその土地によっていろいろな特産物が見られます。

スコットランドで本場の、"Full Scottish Breakfast"とはどんなものか楽しみです。


「Full English breakfast」は、結構大きなお皿にボリュームたっぷりで、ベーコン、ソーセージ、フライドエッグ、焼いたマッシュルームとトマト、それにベイクトビーンズ、ハッシュドポテトなど盛りだくさんです。


これに、トースト数枚(White とBrownの区別あり)、飲み物は、オレンジジュース、りんごジュース、中身の濃い牛乳、そして大きなカップでのコーヒー又はティーです。



bb breakfast

そして、スコットランド特有の朝食メニューとしては、まずポリッジ(porridge)と呼ばれるオート麦のおかゆがあります。薄い塩味の玄米のおかゆを食べているという感じで、これは結構おいしく食べられます。


ただし、ミルクと砂糖が用意されており、お好みに応じてかき混ぜるそうです。

日本人としては、好き嫌いがありますが、そのままでいかれた方が宜しいかと思います。本当は、梅干とか塩昆布があれば最高です。


さらにご当地の名物は、ブラックプディング(black pudding)とハギス(haggis)です。前者は豚の血で黒く染まったソーセージ、後者は羊の内臓を羊の胃袋に詰めて煮た料理で、黒い色をしています。見た目は、ちょっと控えめになりますが、食べてみると「まずまず」です。本日、ドライブ中お目にかかる羊さんに感謝です。



skipper


もう一つ、忘れてならない一品は、キッパーズ(Kippers)と呼ばれるニシンを塩漬けにして燻製にしたものです。
"Breakfast" に出てきましたが、どちらかと言うと、小生には「酒の肴」という感じで、微妙にスコッチ・ウイスキーに合うかも。これもスコットランド特有の朝食のメニューだそうです。

それにしても、朝からもう”満腹”で、動けない状態です。

(To be continued)





関連記事
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://withjetstream.blog66.fc2.com/tb.php/628-bf262115

管理人の承認後に表示されます
[2012/06/22 00:13]
Skype レッスン
AMEカテゴリー